介護療養を考える

テレビを付ければ、毎日どこかの局で介護を取り上げた番組が放送されています。
また、同じように認知症についての番組や高齢社会についての問題を取り上げている番組もよく目にします。
これは、今から10年前くらいにはあり得なかった状態のように感じます。
それだけ介護療養は身近なものになっており、誰もが避けては生きられないということなのでしょう。
現在、4人に1人が65歳以上という時代。
更に高齢化は進み、いつしか3人に1人が65歳以上になります。
しかもそういった未来は間もなくやってくると見られています。

昔は、暮らしている家で家族に見守られながら亡くなって行くのが普通でした。
その後介護施設が充実してきたこともあってか、そういったところで最期を迎える方も増えてきていました。
ところが今、また変化しています。
老人介護施設が不足している上に、介護の現場で働く人も圧倒的に少ない状態なのです。
その為、老人が老人を介護している家庭も多いですし、認知症を患っている人が同じく認知症の配偶者を介護している家庭も増えてきているのです。

生きている以上、誰もが年をとって老いて行きます。
また、親の介護も始まるかもしれません。
しかし、共稼ぎのお宅も多い時代。
仕事と介護の両立も難しくなってきています。
仕事を辞めれば収入が減りますし、介護をしなければお世話してくれる人がいないかもしれません。
さてどうしたら良いのか……。
ここでは、介護療養について紹介します。
是非参考にしてみてください。



≪SPECIAL LINK≫
介護療養が受けられる中野区にある療養病院です … 療養病院 中野区

Copyright © 2014 介護療養について All Rights Reserved.